687496
静岡混声合唱団TERRA掲示板2
この掲示板は300KBまでの画像を添付ファイルとして投稿できます!
どんどん書き込みしてくださいね。
・この掲示板への書き込み内容で不適切と判断したものについてはことわり無く削除させていただきます。
・また不適切と判断し削除しても、同類と判断される投稿を繰り返し行う場合、その端末からの投稿を拒否させていただきます。
・HTMLタグは利用できません。

[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用] [以前の掲示板]


投稿者 (テラ団員はニックネームでお願いします)
Eメール (Eメールは任意です)
タイトル
コメント
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色

ありがとうございました。 投稿者:実行委員長 投稿日:2018/02/13(Tue) 11:29 No.3811
演奏会、無事終わりましたね。ここにくるまで色々ありましたが、それらを乗り越え、本番をむかえ、多くのお客様に喜んでいただけました。皆さんアンケートにどのような感想(良くも悪くも)を書いておられるのか、見るのが楽しみです。
実行委員長としてここまでこれたのも、代表をはじめ実行委員、そして団員皆さんからご助言、ご協力があったればこそ。
本当にありがとうございました。
演奏会は終わりましたが、テラの団員として、次のステップに進んでいきたいと思います。

演奏会を終えて 投稿者:指揮者 投稿日:2018/02/13(Tue) 10:11 No.3810
皆さんお疲れさま、そして、ありがとう。
今回も大勢の方の協力を得て、記憶に残るであろう素敵な演奏会となり、とてもうれしく思っています。
企画当初よりこだわっていたシンボルライト、これは希望の灯です。決して消してはならない灯。
大勢の人と歌を通して、平和について、いのちについて考える時空を共有できたことが良かったのじゃないかな。
でも、できれば事前にもう少し団内でその辺についてのディスカッションをしておくべきだったかもしれませんね・・・。

巡礼 投稿者:ぺん 投稿日:2018/02/13(Tue) 08:26 No.3809
暖かな陽を浴びながら歩く 川沿いの径にも風が流れながらの歩く歓び、歩かねばならない。一歩一歩なのだ。天上の空も 足早に去って行く。黙々と歩くモクモクと、信じられる心があれば 疲れても気持ちは 軽く前へ前へと この道を行く。大勢の人たちが通る この道、吾も歩む。雨が降ろうと 独り歩きなのだ。さようならの声も無い 人は去り、一人で生まれ、そして 歩いて行く。生きている間だけの命、大事に だいじに歩め、はかないとは 自分で考え 自分の力で歩むこと。陽が沈むまでは 見えるのだ。青き空に白い雲、それに人だったんだ、見衛る自然、巡礼の旅 ターッターッターッ、最後の一日まで楽しく明るく。息もつがずに terraの人たち アンコール迄を 演じきった。そして どのように生きるかを 謳ったのだつた。 手暗がりの客席で。

素晴らしい演奏会 投稿者:カッ 投稿日:2018/02/12(Mon) 22:17 No.3808
TERRAの皆さん、お久しぶりです。
今日は素晴らしい演奏会、ありがとうございました。
1部も2部も聴いている内にゾクゾク→ジーン→ウルウルしてきました。
この感覚は長らく無かった事で、感受性が老化していなかったんだと嬉しく思いました。
ヒロシさん、団員の皆さん、共演者の皆さん、ステージを作った皆さん、裏方さんの皆さん、ありがとうございました。
明日からTERRAに復帰しますので、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

夜明けから日暮れまで 投稿者:ぺん 投稿日:2018/02/12(Mon) 21:01 No.3807
1度だけアップで全員の表情を眺める。
それが輝やいている顔なのだ。自信が見える、その美しさ。
巡礼は明日。

あと3日。 投稿者:のっち 投稿日:2018/02/09(Fri) 08:34 No.3806
トップページのカウントダウンを見て、ここまで来てしまったかという思いです。
最後の男声練習、個性のあるベースの声も、ここ4年間の中で、一番良い感じだと思ったのは自分だけ?声を出すことを頑張らないことが、良いハーモニーを生み出すための近道なのかなと。

あと3日。
一日一日を噛み締めながら、本番を良い状態で迎えられますように。

ついにあと一週間 投稿者:実行委員長 投稿日:2018/02/05(Mon) 06:39 No.3804
昨日の集中練習おつかれさまでした。

ついに演奏会まで、ちょうど1週間。練習も残すところ、火曜日の通常練習、土曜日は軽めに、そして前日へと入っていきます。
最後まで、出来るだけのことはやりましょう。

そして実行委員会各係の皆様、運営面での最後の調整週です。
お客様に最高の「お・も・て・な・し」が出来るように、ご協力よろしくお願いします。

そして皆さま、この一週間、とくに今週は寒い日が続きます。
体調管理には充分にご留意ください。

男声もあきらめない! 投稿者:カネやん 投稿日:2018/02/05(Mon) 06:30 No.3803
昨日の練習、正直これが本当に一週間前なのか、という感覚に襲われ、恐怖と不安を感じています。
実行委員長として、運営面での諸々の確認も、ある程度落ち着き
あとは各係におまかせするとして、肝心の歌練に集中しなければ。「巡礼」の出だし。良いとき、悪いとき、まだまだムラがあり、安定していません。よく、「練習はウソをつかない」といいますが、それを信じてこれからの1週間、目と耳を使って、本番まで突き進みます。水曜日は男声練習です。

まだできる! 投稿者:指揮者 投稿日:2018/02/02(Fri) 21:27 No.3802
今日ソプラノのパート練習をやった。この場に及んでまだあやしい音があったり、約束どおり歌えていないところがいっぱいあった。だから、今日の練習はやってよかったんだ。他のパートも同じ。アルトも1月に2回やって出来ないところを確認した。男声は7日にやることになっている。もっと早くやればよかったのに・・・?そうともいえるが、今最善のことをやることに意味があると思う。自分でできることはないか?考えてほしい。あと10日。

う・・ 投稿者:てらけん 投稿日:2018/02/01(Thu) 13:22 No.3801
うっちゃん 本当に・・・・

「巡礼」への思い 投稿者: 投稿日:2018/01/27(Sat) 22:09 No.3800
ウサちゃんをはじめメイちゃん、オーちゃん、TERRAに尽力いただいた元合唱連盟理事長宮川さん。その他TERRAに関わってくれた多くの故人に、また、今はTERRAを離れているOGOBに今回の演奏会を捧げたいと思います。TERRA単独では成し得なかった多くのことを思い、「TERRAもまたひとりではない」、「うたを歌い続けることが幸せを育てる」と歌いたいと思います。声の果てるまで…。

あと16日。 投稿者:のっち 投稿日:2018/01/27(Sat) 08:37 No.3799
年始から書こう書こうと思いつつ、書く内容がまとまらず、今に至る、苦笑。

ここ最近、気づけば毎日のように演奏会のことを考えてます。
そして、日々、思うことも変化しています。
一番思うのは、やっぱり最後は気持ちかなと。
時間を割いて、はるばる市外、県外から足を運んでくれる大切な仲間に、
来て良かったと思ってもらえるように、
残り限られた時間を悔いの残らないように過ごしたいなと。

完売御礼。本当にありがたいことです。
最後のひとふんばり、まだ間に合いますよね?

ツッチーからの情報2 投稿者:さくら 投稿日:2018/01/24(Wed) 17:23 No.3798
ツッチーの合唱団ですが、「長野市民合唱団コールアカデミー」と言います。
演奏会は毎年、一昨年は東混と共演されました。
3年前から演奏会に行っていますが、とっても美しいハーモニーを聴かせてくれる合唱団です。

次男もそこで歌わせていただいているのですが、今回のテラの演奏会を長野から聴きに来ます。
そんなんで、ワクワクとキンチョーの母です。

市川さんお久しぶり 投稿者:イノ 投稿日:2018/01/23(Tue) 09:33 No.3797
市川さんお久しぶりです。その節は大変お世話になりました。TERRAのこと覚えていてくださってありがとうございます。東京ルネッサンス卒業の後は、いかがお過ごしですか?静岡にお越しの節は連絡下さい。inoue@kenkotv.comです。

雪降る東京より… 投稿者:市川和也 投稿日:2018/01/23(Tue) 00:07 No.3796
お久しぶりです!
第九回演奏会の際お世話になりました、静岡出身の
劇団東京ルネッサンスの「いっち〜」こと
市川和也(ナレーション担当)です。

馬渕に住む祖父のことを 少しお話させてください。
あの演奏会を観に来てくれた祖父が、
2018年1月21日 亡くなりました。
98歳でした。

馬渕の古い家に婿養子として入った祖父は、
満州勤務時 ソ連に捕まり抑留を経験し、
日本帰国後も 妻を病で亡くし
その妹と再婚するなど(私の母はその妹との子供です)、
家のため、お寺のため、周囲の人々のため、
田畑を耕しながら働いた 激動の生涯でありました。

最晩年まで 聡明で、記憶力もよく、
また達筆であり(変体仮名の草書体のため難読)、
静岡人らしい暖かさも兼ね備えた、
最も尊敬する人の一人である 私のおじいさんでした。

3年ほど前に 再び妻を見送り、葬儀を務め上げました。
その葬儀の一段落ついた頃、帰宅し お茶を飲みながら
私に 一番大事にしているうたを話してくれました。

身を削り 人に尽くさん すりこぎの
その味知れる人ぞ 尊し

このうたの通りに人生を全うした祖父でした。
私も祖父の思い出を胸に、これからも歩いて行きます。

最後になりましたが、
今度の演奏会の 大成功たらんことを、
お祈りしております。
皆様のうたを、また間近で聞きたい気持ちで一杯です♪

ありがとうございます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]

処理 記事No 暗証キー
静岡混声合唱団TERRA

- Joyful Note -